うつ病を専門のクリニックで解決、セルフチェックが気付きのキー

気になる症状

そもそもうつ病とは何か

精神の病気として知られるうつ病ですが、いったいうつ病とはどのようなものなのでしょうか。まず、うつ病は、主にストレスによって引き起こされる病気です。そして、これに罹患すると次のような症状があらわれます。ひとつひとつ見ていきましょう。まず、睡眠について、睡眠不足になったり、逆に寝過ぎてしまったりします。次に食欲、これも全くものを食べなくなったり、たくさん食べ過ぎたりします。他にも、重度の疲労を感じたり、無根拠な罪悪感を抱いたり、生きることの喜びを見出せなくなったりしていまいます。ここまでで、5つの主な症状をあげましたが、いくつチェックがついたでしょうか。ひとつでもあてはまる症状があれば、うつ病の可能性が高いと言えます。しかし、ひとつもチェックがつかなかったという人も安心は出来ません。うつ病のはじまりかどうかもチェックしてみましょう。

うつのはじまりにも注意

先ほどの5つの症状にあてはまらなかったからといって、この先必ずしもうつ病にかからないとは限りません。うつ病のはじまりになっている可能性は排除しきれないからです。次の質問に対して、チェックがどれくらいつくでしょうか。 1、街に流れる音楽(音)が不快に感じられる。 2、最近熱中できることがない。 3、首や肩が凝る。 4、体が疲れやすい。 5、ふとした時に気が沈む。 6、夜中に何度もおきてしまう。 このうち、半分の3つにあてはまるとうつ病のはじまりかもしれません。自分では実感が持てなくてもまずは、心療内科や精神科の病院に行き、専門家に相談してみましょう。そうすることで、状況が改善され、うつ病になる確率も大幅に減ることになります。

Menu