うつ病を専門のクリニックで解決、セルフチェックが気付きのキー

調べることが重要

うつ病のチェックの仕方

うつ病のチェックの仕方について紹介いたします。 うつ病をチェックするための方法は何種類か存在します。しかし仮に専門の医療機関による診断でも、その病状を確実に証明する方法というものがありません。これは他の精神的な病一般に言えることです。 それはCTやMRIなどでうつ病が可視化されるということはありませんので、あくまで相対評価による診断を受け入れざるをえないということです。 確実なのは、本人がうつ病の知識に精通するということでしょう。そうすることで、病のレッテルを貼られる必要なく、自分でうつ病に対してチェックを働かせ、自分で適切に対処することが可能となります。うつ病というものは、しっかりと理解しておけば病として扱う必要はないものです。

怖いのはレッテルを貼られること

うつ病だけでなく、精神系の病一般に言えることですが、怖いのはレッテルを貼られることです。レッテルを貼られることで、違った目で見られたり、不当な差別を受けたり、最悪いじめに遭遇するかもしれません。実際に、日本社会というものは、異質なものに対する目が非常に冷ややかで厳しいところがあります。 異質なものの扱い方も陰湿な場合があるため、異質である本人にとって行き場のない苦しみも、簡単に吐露することが難しいということもあるでしょう。 そのような場合、頼れるのは専門家と自分だけなのです。そのことは当事者でない人も自覚しておいて損はありません。これから起こり得る病に対して、自分で学び、準備し、日々のチェック機能を働かせておきましょう。

自分がうつ病かと思ったら

もしかしたら自分や身近な家族がうつ病なのではないかと思った時、どのような対応を取ればいいのでしょうか。うつ病かもしれないと思っても、いきなり病院に行くのには抵抗があるという方も多くいるかもしれません。最初から病院に行くのには抵抗があるという場合であれば、まずは自分で症状をチェックしてみることも大切です。正確な診断には、医療機関への受診が必要となりますが、セルフチェックも可能なのです。うつ病にどのような症状があるかは、インターネットや書籍を利用することによって、誰でも手軽に調べることが可能です。簡単に調べられるからこそ、病院に行く前にセルフチェックを行うことができるのです。では、セルフチェックはどのように行えばいいのでしょうか。

インターネットを使ったセルフチェック

自分や身近な人がうつ病の疑いがあるならば、インターネットのサイトを利用したセルフチェックが可能です。インターネットのサイトにチェック項目が記載されているので、それらの項目を見ることで、自己診断をすることが可能です。サイトによっては、いくつかの項目を選択することによって、自動で診断してもらうことができます。自動で診断してもらうことによって、自分では曖昧に思っていた点に線引きすることも可能なので、自己診断をする際の手助けとして利用できます。セルフチェックはあくまで診断の一つの目安なので、必ずしも当たっているというわけではありません。自分自身で気になる点があるならば、セルフチェックの結果だけではなく、実際に病院に行って医師に診断してもらうことも大切です。

Menu