うつ病を専門のクリニックで解決、セルフチェックが気付きのキー

早期発見、 早期治療が 最も効果的

TOPICS

自分で確認

うつ病の症状というのは健常者にも起こりうるものなので、すぐに病気と気付くことは難しいでしょう。しかし、少しでも違和感が生じたら、自分で行うことが出来るセルフチェックをしてみるといいでしょう。

詳細を確認する

病気を判断

うつ病は早めの治療が肝心です。自分の力で病気を判断することは出来ませんが、目安としてうつ病のセルフチェックを利用するのもいいでしょう。不安を感じる結果であれば、心療内科に行き、治療を開始する必要があります。

詳細を確認する

気になる症状

うつ病の症状には倦怠感や食欲不振があります。こういったものだけではうつ病を判断することは出来ませんが、ネットなどのチェックを受けることで目安をつけることが出来ます。

詳細を確認する

改善を目指す

体に変化を感じたら、それがうつ病の症状に当てはまるかどうかを確認しましょう。うつ病改善の為には、発症に気づいて治療を開始させることが重要です。長い期間が掛かっても治療を継続させることです。

詳細を確認する

Menu

調べることが重要

うつ病という病気に偏見を持っている人もいます。その為、うつ病というレッテルに恐怖を覚えて、病院に行くことを怖がる患者もいるのです。しかし、心の状態を自分でしっかりとチェックをして改善の為に治療をしましょう。

もっと読む

うつ病のチェック

睡眠障害に悩まされている方は、手軽で簡単に出来るこちらのサイトのうつ病チェックを利用してみてください。

最近、会社を休むことが多くなっていませんか?うつ病の症状が進行している可能性があります。こちらからうつ病チェックをしてみましょう。

うつ病のチェック方法には様々なものがあり、価格も異なります

うつ病の症状を診断できるツールとしてはインターネットでの うつ病チェックリストがポピュラーでしょう。 チェックリストは様々な診断ツールの中でも簡便かつ無料で手軽に診断できる方法です。 しかし、これらのツールは自分のうつ症状の度合いを保証する物ではありません。 無料のツールよりも信頼度が高いものとして例えば、「唾液を採取するキット」が挙げられます。 相場としては、簡単なツールは基本的に無料、 ホルモン分泌量などから計測するキットなどは有料で 種類によって5000〜10000円程度です。 ストレスの強さと、それに応じて分泌されるストレスホルモン「コルチゾール」の血中濃度には 関係があることが知られています。 また、近年の研究で、唾液中の濃度と血中濃度はつながりがあるものとされているので 唾液を採取することで患者のストレス強度を測ることができます。 この結果がうつ病の確実なチェックにはならないものの、チェックリストなどとは違って 「具体的な数値」として精神的ストレスを測定できます。 そしてそのストレスと強い関係のあるうつ病の判断材料として補助的ではあるものの、 有効なチェック法として用いられます。

診断法のそれぞれの特徴を紹介します

先述した無料のチェックリストや診断ツールなどの特徴は 「簡便で無料」であることです。 しかし、言い換えると通常厳密な問診を通して行われるうつ病のチェックにおいて、 その正確性を犠牲にして簡略化しているものともいえます。 つまり、ツールそのものの信憑性は低くなりがちです。 先にも紹介した唾液の採取による診断や「光トポグラフィー」を用いた診断では 特定のホルモンや脳内物質の分泌量を測ります。 こうすることで、症状の強さを「数値化」、つまり「見える」ようにすることができるのが強みです。 精神など、概念的で見えないものを間接的に可視化する技術の賜物です。 しかし、もっとも有効であり、信頼できるのは何よりも医師による問診でしょう。 専門家と直接コミュニケーションが取れるので、カウンセリングの効果も期待できます。 また、うつ病と診断するための本来の多くのチェック項目を判定するため、 診断に時間を要するのも特徴です。

自分の精神状態をチェックすることで早期発見に

新しい季節になって環境がガラリと変わり、心身共に少し疲れ気味になっていませんか。 このような時期には慣れない環境の変化からうつ病になる人が多くなります。 そこで、深刻なうつ病になってしまう前に、簡単なチェックで心のストレスを確認することが大切です。 例えば、朝になんとなく起きるのが苦痛になった、気づいたらあまり笑っていないなどに当てはまった場合には軽度のうつ病傾向があります。 このように日頃から自身の精神状態をチェックし、ストレスを溜めこんでしまわないように工夫することで、うつ病になるのを未然に防ぐことができます。 また、自身を客観的に見るようにすることで、常に安定した精神状態を保つことにもつながります。

正しい早期治療でうつ病を克服

自身をチェックしてみたときに、どうやらうつ傾向にあると気づいた場合には、心療内科に受診して見ましょう。 うつ病と言うと抗うつ剤での薬物治療が不安と言う人も多いですが、早期の場合には心理療法と言って、カウンセラーと話をするという治療法がほとんどです。 悲観的になりがちな思考のクセを改善したり、人に話したりすることで心の負担が軽くなります。また、カウンセラーとの話で自身を客観視し、広い視野で周りを見ることができるようになります。 近年、うつ病になる人は増加傾向にあり、うつ病の早期対策が大切となってきています。 うつ病はきちんと治療することで必ず治ります。日頃から自身の精神状態のチェックをし、向き合ってみることが早期発見、早期改善につながるのです。